ケース・実績

トップ > ケース・実績

利用実例とケース

就労継続支援B型の事例

Aさん

短期間の就労経験は多数あるがその後、10年余り在宅になっていました。
本人は頑張って仕事をしてきたが…周りの人との会話、関係がうまく取れずに、在宅になってからは特に近隣の人ともトラブルが起きるようになっていました。
障がい者相談支援センターからの相談で、当事業所に2013年10月より通所を始め、エールでの作業は軽作業(箱の組み立て、名札カード作り、袋入れ、単語カードのリング付、セット等)が主な作業で、他に畑仕事、除草作業もしています。
苦手なことは、細かい仕事や、重量物の運搬、又、人とうまく話せないと聞いていましたが、まだ5か月ほどの通所の中で、明らかに本人の様子に変化が表れてきているのが、うれしいです。

人一倍、頑張り屋で素直な性格がエールでは自分が「頼られる人」になりたい。
人とうまく付き合えるようになりたいという希望に向かって作業をしています。

ご家族との(12月懇談)から…

「ここに来る前、家にいるときは、顔つきがきつく他人から文句ばっかり言われて、腹を立てたり、ちょっとしたことでも自分に言われてる、されてると思って怒ることがあったが、ここに来てから近所とのトラブルもなくなり、顔もすごく優しくなって落ち着いてきたのがうれしい。今後は一人になった時の生活の事が気がかりです。」

エール内の作業面では、黙々と集中する姿も日常的になり、できる作業も増えて「この作業ならAさんにやってもらえる」と信頼を持たれてきています。
本人に合った出番を作ることで、本人の自信が次のステップを踏む力になっていく事。
さらに、支援者や、同じ訓練生との信頼関係を築く中で、話し方も修正できる余裕が出てきてる彼の変化が、支援している私たちにとってはうれしい瞬間です。
私たちの課題は彼の希望がかなえられるよう、本人のできることを増やし、自分の存在感を肌で感じてもらい、安心して生活できる場を作る事だと思っています。

自分に合った生産活動を通して社会参加をし、周囲の人から障がい者としての〇さんではなく、一個人としての〇さんとして、お互いに認め合える関係を作りたいと願ってる人は、ぜひエールの見学に来てくださいね。

就労移行支援の事例

Bさん

短期間のアルバイトは経験あるが、長く勤めた経験はありません。
一年に一回の入退院を何度か繰り返してきましたが、就労に向けての訓練を希望し、通っている病院のデイケアからの相談で、2013年6月に通所することになりました。


まじめで一生懸命になりすぎるため、力の入れ方、抜き方のバランスがわからずに体調を崩して入退院を繰り返してきました。
こんな人は周りにも結構いますよね。一生懸命やりすぎてダウンしてしまう人は…
一生懸命生きようとしている彼は、障がい者基礎年金が月数足らずで、もらえないため、フルタイムで就職して、一人で生活できるようになりたい希望を持っています。

就職先には製造業を希望するなど自身に合った職種も考えています。
他人とのコミュニケーションの苦手意識が強くありましたが、どの人に対してもやさしさと厳しさ(でも、話し方はとてもソフト)を使い分けて会話ができるようになってきているのを耳にすると、支援者は、思わずにたっとして「言えてる、言えてる。」と納得してしまいます。

又自身の不調が今まではわかりにくく、充電切れの状態でダウンして気付くパターンから、エール内での様子を見て声を掛けることで、徐々に「頭の中で、画像や人の声が聞こえ悪口を言われていらいらする感じがある」等自分から不調時の訴えができるようになってきました。
オーバーワーク気味になっている前の段階で、休息をとったり不調時を回避する事を意識して話せるようになってきたことは、今後の就労生活に向けて、大きな意味があり、課題の一歩を踏み出したようで、うれしい限りです。

作業面では、支援者に近い状態の点検、確認作業も任せられる場面が増えてきました。これだけの力を発揮できる人材が、自信の無さや、経験の少なさで、埋もれていくのはもったいないです。彼のように埋もれていた自分のいいところを出せるように私たちは、手段と方法を見つけるのが仕事です。そんな彼が企業実習も開始し始めました。
通所後、8か月を過ぎた今は、どこの場所でも精神的なバランスを保てるよう不調時の自己申告、相談を継続できるよう支援者側の信頼される関係づくりに力を注ぐとともに、彼の就労に向けた取り組みを具体的にしていこうと思います。

就職先のイメージがはっきりしていない人も、就労経験の少ない人も、エールの作業や企業での体験や実習を通して、自分に合った職種を見つけることができます。
働けたらいいな。好きなものを自分のお金で使いたいな。と思っている人は、ぜひエールの見学に来てくださいね。

内容を詳しくご覧になりたい方はこちら

募集情報

えーるを見学したい方はこちら
お問い合わせ
利用者の方を募集しております
障害者雇用をお考えの企業の方へ(CSR)
見学希望者はコチラ
ページの先頭へ