就労支援事業

トップ > 就労支援事業

保護者の方、ご家族の方、当事者の方へ

私たちは、障がいをお持ちの方や、手帳はないけど医師の診断があって就労困難な状況にある方の「働きたくても働けない」そんな思いでどうすればいいのかわからない方へ、就労や少しでも収入を得れる方法を、様々なケースに対応して、提案することができます。
また就労には不安があるが、少しでも日中活動(作業)をしながら、安心できる居場所が欲しい方など、障がい者の雇用や、就労困難な状況での悩みなどございましたら、ご連絡いただければと思います。
必ずあなたに合う就労、生活スタイルが見つかるはずです。

就労支援事業とは?

image

従来の「障害者自立支援法」から2013年4月に施行された「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(以下「障害者総合支援法」という)に変わりました。内容的には難病の障がい定義が増えた、重度訪問介護対象者の拡大、ケアホーム、グループホームの一元化などが大きな変化と言えます。

その法律の中の事業として えーるは障がい福祉サービスの「就労移行支援事業」・・2年間の期間に就労を目指す訓練をし、就労に結びつける。
「就労継続支援B型」・・期間の定めなく就労したい人の訓練、又は就労までは至らなくても、日中活動を通じて社会参加や、工賃(給料)を得る訓練をする。

また、私たちは、その就労後の職場定着させるための支援も行ないます。

えーるの強みは中間労働支による、労働賃金アップです!

エールの強みは、中間労働支援です。
従来の作業所ですと、報酬は3,000~1万円と言われていますが、エールのサービスを受けると、個人差はありますが、エール内の作業でも3,000円~25,000円、施設外就労(企業内)ですと、4~7万円、就労に結びついたら約10万円~と可能性を追求することができます。

えーるの強みは中間労働支による、労働賃金アップです!

就労継続支援B型について

就労継続支援B型とは?

障がいのある方に対し、訓練期間を限定せずソフトランニングできる就労の機会や生産活動などの機会の提供、知識やマナーおよび能力の向上のために必要なトレーニングなどを行うサービスです。このサービスを通じて生産活動や就労に必要な知識や能力が高まった方は、就労継続支援(A型)や一般就労も目指します。

対象者

  • 就職するには難しい一定年齢に達している方(65歳まで)
  • 就労の機会等を通じ、生産活動にかかる知識及び能力の向上や維持が期待される方
  • 就労経験がある方であって、年齢や体力の面で一般企業に雇用されることが困難となった方
  • 就労移行支援事業を利用した結果、一般企業等の雇用に結びつかず、B型の利用が適当と判断された方
  • 障がいを持っている方(身体、知的、精神、発達)で、働く場、日中生活の場を希望される方
  • 自分の働く力を高めたい人
  • ソフトランニングしたい就労経験者、および就労未経験者
  • 働くスキル、対人コミュニケーションのスキルを高めたい人
  • 作業所では物足りない、でも就職は不安その中間を求めている人
  • 手帳を持っていなくても、医者の診断が出る精神障がいや発達障がいの人 等

サービスの内容

  • 就労機会、生産活動、企業内作業、その他の活動の機会の提供
  • 就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練
  • その他の日常生活に必要な支援

利用料

18歳以上の場合は利用者とその配偶者の所得、18歳未満の場合は児童を監護する保護者の属する世帯(住民基本台帳上の世帯)の所得に応じた自己負担の上限額があります。
ただし、サービスに係る費用の1割の金額の方が低い場合には、その金額を支払います。
その他に、食費などについての実費負担があります。

就労移行支援について

就労移行支援とは?

就労(働くこと)を希望する65歳未満の障害のある方が対象です。
働くための訓練期間は、2年以内と限定されています。
その方に、生産活動や職場体験などの機会を提供し、就労に必要な知識やマナー及び能力の向上のために必要な訓練や、就労に関する相談や支援を行うサービスです。

このサービスでは、一般就労に必要な知識・能力を養い、本人の適性に見合った職場への一般就労と定着を目指します。

対象者

就労を希望する65歳未満の障がいのある方で
通常の事業所や職に雇用されることが可能と見込まれる方が主な対象者です。
また、下記のような方もご相談ください。

  • 障がいを持っている方(身体、知的、精神、発達)で、働く意志のある方
  • 自分の働く力を高めたい人
  • ソフトランニングしたい就労経験者、就労未経験者
  • 働くスキル、対人コミュニケーションのスキルを高めたい人
  • 作業所では物足りない、でも就職は不安その中間を求めている人
  • 手帳を持っていなくても、医者の診断が出る精神障がいや発達障がいの人 等

サービスの内容

  • 生産活動、職場体験その他の活動の機会の提供を通じて行う、就労に必要な知識やマナー及び能力の向上のために必要な訓練の場と機会を提供します。
  • 求職活動に関する支援やサポートを行ないます。
  • 利用者の適性に応じた職場の開拓を行ないます。
  • 就職後における職場への定着のために必要な相談や支援を行ないます。

利用料

18歳以上の場合は利用者とその配偶者の所得、18歳未満の場合は児童を監護する保護者の属する世帯(住民基本台帳上の世帯)の所得に応じた自己負担の上限額があります。
ただし、サービスに係る費用の1割の金額の方が低い場合には、その金額を支払います。
その他に、食費などについての実費負担があります。

就労(職場)定着支援について

就労定着支援とは?

就労(職場)定着支援とは、就労後の職場への定着を支援するサービスです。
誰しもが、「本当に続けることが出来るのか?」と就労後の不安を抱えています。
また、受け入れる企業の方も同じように不安を抱えています。
その双方に働きかけ、就労の定着を支援するサービスもエールでは行っています。

施設外就労、企業実習

えーるでは、エールの施設以外での就労や、協力企業での実習も行っております。
えーる内でのトレーニングを受け、能力が向上したり、新しい経験に寄って自信が付き
次のステップとしてのトレーニングも兼ねております。

えーるのサービス利用から就労までの流れ

えーるのサービスの利用から、就労までのステップを下記の図で示しています。
就労移行支援と就労継続支援B型、就労移行支援をうまく使い分けることで、あらゆる対象の方でも、トレーニングとエール工賃(給与)のアップを計る仕組みになっています。
あなたに合った働き方を模索していきましょう。

えーるのサービス利用から就労までの流れ

ご利用までの流れ(フロー)

1.お問い合わせ
↓
2.施設見学
↓
3.相談・面談
↓
4.申請交付を受ける
↓
5.契約
↓
6.サービス開始
これまでの実績やケースはこちら

内容を詳しくご覧になりたい方はこちら

募集情報

えーるを見学したい方はこちら
お問い合わせ
利用者の方を募集しております
障害者雇用をお考えの企業の方へ(CSR)
見学希望者はコチラ
ページの先頭へ